脊柱管狭窄症との上手な付き合い

脊柱管狭窄症を知っていますか?

脊柱管狭窄症とはどのようなものか

脊柱管狭窄症とはどのようなものか

先日、腰の痛みとしびれがずっと続いている父が、総合病院の整形外科を受診したところ、脊柱管狭窄症との診断を受けました。

椎間板ヘルニアなら、私もよく耳にしますし、その対処法なども何となく分かるのですが、脊柱管狭窄症については全くの素人です。

父が出来るだけ快適に過ごせるように、何かと日常生活を送っていく上でのフォローをしたいと、脊柱管狭窄症について調べてみました。

この病気は、脊髄の通っている部分が狭くなり、常に神経が圧迫されることで、痛みやしびれが症状として出るようです。

最近歩くのが億劫になったり、同じ姿勢を長い時間撮り続けたりすると、腰が痛くなると言っていたのは、そのためだということが分かりました。

ですがしばらく体を休めると、その痛みが消えてしまうということも、この病気の特徴だったようです。

治療方法も内服や外用塗布による投薬治療の他、牽引や腰を温めることによる理学療法、さらに、神経ブロック注射や、重症の場合は手術も必要なこともあるということが分かりました。

私の父は、私が幼い頃からの腰痛持ちでした。

そんな父も高齢者と言われる年齢になり、ずっと感じていた腰の違和感が強くなったそうなので、整形外科での受診を勧めたところ、脊柱管狭窄症という診断を受けました。

私はこの病名を初めて聞いたのですが、そもそも脊柱管狭窄症とは、どのような病気なのでしょうか。

腰の痛みも年齢で概ね分けられ、若い世代に起きるのが椎間板ヘルニアで、父のように高齢者の方に多くみられるのが、脊柱管狭窄症のようです。

背骨の老化現象によって起こり、神経が圧迫されることで痛みやしびれを伴います。

父は若い頃に椎間板ヘルニアの手術も受ける程の腰の痛みを経験していますので、その影響もあるのかもしれません。

病院の説明だけでは、全てを把握しきれなかったことと、この病気をうまく付き合って行くために、もっと詳しく調べてみることにしました。

そこでお勧めなのが、こちらのサイトです。

脊柱管狭窄症の症状を調べる

原因から、症状、症状との付き合い方など、私のような素人にも分かりやすく解説してありました。